診療案内

義歯

保険義歯・金属床義歯

保険義歯は保険適応の義歯で、レジン(プラスチック)でできている入れ歯です。
金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。丈夫な金属を使うため、薄く作ることができるため、異物感・違和感がプラスチックの入れ歯よりも少なくしゃべりやすく、熱を感じやすいといった利点があります。
img14

両写真とも左側が部分がレジン義歯・右側が
部分が金属義歯となっております。

アタッチメント義歯

奥歯のインプラントができない方に、異物感のきわめて少ない義歯として薦められます。奥の欠損歯を連結して修復します。

img07

ノンクラスプデンチャー

従来の入れ歯(義歯)にある金属の連結部分やバネの無い義歯で、目立ちや
すい金属部分と床(ピンクの部分)の部分が同じ素材で一体化されているた
め非常にシンプルな構造にとなっております。

img130

ノンクラスプデンチャーの特徴

1.弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
2.装着した時は入れ歯の色調が歯茎と似ているため、一目では区別がつきません。
3.金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

ノンスクラプデンチャー

■ノンスクラプデンチャー
・金属のバネがないので入れ歯であることがわかりにくい。
・素材が半透明なので境目がわかりにくい。

 

 

バネ式の入れ歯

■バネ式の入れ歯
・金属のバネがある。
・どうしても境目がめだってしまう

レーザー治療

レーザー治療とは?

今までの歯科治療と言えば、「抜く」「削る」「痛い」などと言った不愉快なイメージが強かったのですが、レーザーは痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」こ とを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくしたり、虫歯になってしまったら必要 最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。

レーザー治療でこんなことができます

虫歯の予防と治療

レーザーは、歯ブラシでは届かないところでも、熱エネルギーで虫歯キンをやっつけてくれます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

歯周病

歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあてて歯周病キンをやっつけます。レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、出血や痛みが おさまり、治りを早くします。ブラシッング指導・歯石除去ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

歯茎の黒ずみ

メラニンという色素により歯ぐきが黒くなることがあります。こんな時もレーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去します。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変わります。

レーザー1

口内炎

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

la07

知覚過敏

レーザーで治療することにより、歯の表面に薄い膜ができ孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

最新機器のご紹介

oplaser

オペレーザーPRO

当院では、ヨシダ社製のオペレーザーPROを用いた治療をしています。照射部位の組織活性が促進され治療が早く術後の痛みも少ないことが特徴です。主に歯茎の腫れなど軟組織の治療に用いています。
機能切開蒸散トリートメントの3つの機能を有しており、切開モードでは、通常のメスで切った場合は当然出血しますが、レーザーだと出血もな く切開できる優れものです。
抜歯などをした後に蒸散・凝固機能を用いると傷の治りが良くなります。
インプラント歯周病歯肉炎口内炎歯の根の膿などに非常に有効で医師としても患者様にとっても効果的な診療機器です。

インプラント

インプラントとは

歯科で行うインプラント治療とは、歯が無くなってしまった部分に新しく第二の永久歯とも言える人工の歯根を植え、固定式の歯(ブリッジ)を入れることによって、もとの自分の歯と同じように食べ物を噛めるようにする治療法です。

インプラントの長所として、他の健康な歯を削らなくても良いと言うことと、義歯のように口の中に大きなものが入っているような異物感や違和感がないことが上げられます。

インプラント

顎関節症治療

顎関節症とは?

朝、目が覚めたら「口が開かない」なんて事はありませんか?また、口を大きく開けた時、耳の前横あたりの関節から「クリッコリッ」と変な音が聞こえたり痛みを感じたりする事はないですか?その音は「クリック音」と呼ばれ顎関節症の症状です。痛み、運動障害、雑音が顎関節症の3つの症状です。関節症の原因として補綴物(歯に被せた銀歯など)の不適合によるものや歯ぎしりなどが挙げられます。治療ではスプリント(マウスピース)を装着し咬み合わせの調和をはかります。症状が良くなった後、不適合な補綴物を直したり、歯の無い部位に義歯を入れる事もあります。

顎関節症

ホワイトニング

ビヨンドホワイトニングは歯を削ったり、色を塗ったりしないで歯を白くする方法です

「ホワイトニング」はその名の通り、白くするということでここでいう「ホワイトニング」は、「過酸化水素」という薬剤を使用して歯の中の着色物質を分解し白くすることです。

当医院はホワイトニング・システムとして日本でNO.1の導入実績をもつビヨンドホワイトニングの最新機器「beyond POLUS」を導入しました。 10分の照射を2~3回繰り返すことで1日で充分な白さを手に入れることができます。
ビヨンドホワイトニング

ビヨンドホワイトニング

歯科クリニックで行うホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングです。ホワイトニングは過酸化水素という薬液を使って歯を白くするのですが、ビヨンドホワイトニングはそれを活性化させる「光」を利用します。

着色の原因

歯の着色はいくつかの原因が考えられますが、一番の原因は、日常の飲食にあります。赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー、焼きそばなど色の濃い物が着色になります。その他、喫煙、加齢や遺伝等による着色が考えられます。

■ 歯が白くなるメカニズム

歯の表面のエナメル質に付着した着色物質を過酸化水素によって取り除きます。歯自体を削ったり、溶かしているのではなく、着色物質のみ分解し除去していま す。これは、過酸化水素が酸化する際に酸素が発生し、着色物質と結合・分解させるためです。そのため、歯を本来の白さにします。

■ ホワイトニングは安全ですか?

「過酸化水素」を使用したホワイトニングはアメリカで開発され、長年にわたり使用されてその安全性が証明されています。また、当医院で使用する「ビヨンドライト」は発熱がなく、紫外線も完全カットされているので歯に安全です。

■ どのくらい時間がかかりますか?

ビヨンドホワイトニングの場合およそ45分で完了します。初めての方の場合、白さを持続させるためには、続けて2回以上のホワイトニングを行なうとよいでしょう。

■ 痛くはありませんか?

ホワイトニング後には、人により「刺激感」がでます。これは「過酸化水素」による脱水症状が原因で、歯には問題ないと考えられています。「刺激感」は、その方の「エナメル質の厚さ」により異なりますが約24時間以内に解消し、元の状態に戻ります。

polus

予防歯科

歯周病予防とは?

初期の歯周病には自覚症がない為大半の人が、歯の浮いた感じや、左右に動くといった症状を得てから歯科医にかかることが多いと思います。生活には毎日の食 事があるように、口の中でも毎日細菌が歯垢を栄養に繁殖しています。その為毎日の歯ブラシが重要になるのです。当院では患者さん一人一人に合わせた歯みがき指導を行い、超音波洗浄機による清掃を行う歯周病予防を取入れています。