義歯

義歯

保険義歯・金属床義歯

保険義歯は保険適応の義歯で、レジン(プラスチック)でできている入れ歯です。
金属床義歯とは、入れ歯の主要部分を金属で作った入れ歯です。丈夫な金属を使うため、薄く作ることができるため、異物感・違和感がプラスチックの入れ歯よりも少なくしゃべりやすく、熱を感じやすいといった利点があります。
img14

両写真とも左側が部分がレジン義歯・右側が部分が金属義歯となっております。

アタッチメント義歯

奥歯のインプラントができない方に、異物感のきわめて少ない義歯として薦められます。奥の欠損歯を連結して修復します。

img07

ノンクラスプデンチャー

従来の入れ歯(義歯)にある金属の連結部分やバネの無い義歯で、目立ちや
すい金属部分と床(ピンクの部分)の部分が同じ素材で一体化されているた
め非常にシンプルな構造にとなっております。

img130

ノンクラスプデンチャーの特徴

1.弾力性の高い材質により薄い仕上がり、お口の中が快適です。
2.装着した時は入れ歯の色調が歯茎と似ているため、一目では区別がつきません。
3.金属のバネがないので金属アレルギーの心配もありません。

ノンスクラプデンチャー

■ノンスクラプデンチャー
・金属のバネがないので入れ歯であることがわかりにくい。
・素材が半透明なので境目がわかりにくい。

 

 

バネ式の入れ歯

■バネ式の入れ歯
・金属のバネがある。
・どうしても境目がめだってしまう